運営者情報・プライバシーポリシー・特定商取引法に基づく表記

当サイト「GACCOH」の運営者情報・お問い合わせ先・特定商取引法に基づく記載です。
ご質問などあれば、下記に記載のメールアドレスよりご連絡お願いします。

 

なお、返信までは時間を要する場合があることご理解ください。

 

 

運営者・特定商取引法に基づく記載

運営者 GACCOH
代表者 岸谷秀人
所在地

〒606-8301
京都府京都市左京区左京区吉田泉殿町63-17-203

 

 

電話番号

050-2712-9581
電話へのお問い合わせは終了しました。
下記のメールアドレスからご連絡お願いします。

メールアドレス infomail@gaccoh.jp
URL https://www.gaccoh.jp/
支払い方法

・銀行振込(三菱UFJ銀行・ソニー銀行・京都銀行・滋賀銀行)
・クレジットカード(MasterCard・JCB.・アメックス・三菱UFJニコス)
・代金引換(お問い合わせください)

送料 全国無料

 

 

プライバシーポリシー

個人情報保護法第30条(個人情報処理方針の策定および公表)をはじめとする関係法令の個人情報保護規定に基づき、当社の個人情報処理方針は以下のとおりです。

 

この方針は、特に説明がない限り、弊社が処理するすべての個人情報ファイルに適用されます。ただし、所管する部署(消防署を含む)の業務処理上、別途個人情報の取り扱いに関する方針が制定・施行された場合は、本方針に基づき運営されるウェブサイトに掲載されることをお知らせします。

 

 

第1条(個人情報の処理目的)

当サイトは、個人情報ファイルを個別に処理する目的で個人情報を収集しています。処理中の個人情報は、その目的以外には利用せず、利用目的を変更する場合には、個人情報保護法第18条(目的外利用・提供の制限)に基づき、別途同意を得る等の必要な措置をとります。

 

なお、個人情報保護法第32条(個人情報ファイルの登録・公開)に基づき登録・公開される当サイトの各個人情報ファイルについては、「個人情報保護総合ポータル」において、その処理目的を公表しています。

 

 

第2条(個人情報の処理及び保有期間)

当サイトは、法令に基づく個人情報の保持・利用期間や情報主体から個人情報を収集時に同意いただいた個人情報を保有期間内で処理・保持します。
個人情報保護法第32条(個人情報ファイルの登録と公開)に基づいて登録・公開する当サイトの個人情報ファイルごとの個人情報の処理及び保有期間は、「個人情報保護総合ポータル」で公開しています。

 

 

第3条(個人情報の第三者への提供)

当サイトは、情報主体から個人情報を収集する際に情報主体が同意した、法律で定められた保存期間および利用期間内に個人情報を処理し、保存します。
個人情報保護法第32条(個人情報ファイルの登録・公開)に基づき登録・公開された当サイトの個人情報ファイルごとの個人情報の処理・保管期間は、「個人情報保護総合ポータル」にて公開されています。

 

 

第4条(個人情報の処理の委託)

当サイトでは、個人情報の処理を円滑に行うため、以下の通り個人情報の処理を委託しています。
当サイトは、委託契約締結時に個人情報保護法第26条(業務委託に伴う個人情報の処理の制限)及び同法施行令第28条(個人情報の処理を業務委託する場合の措置)に基づき、委託業務の目的外処理の禁止、技術的・管理的保護措置、再委託の制限、委託先の管理・監督、損害賠償の提供などを行っています。当社は、標準委託契約書等に責任に関する事項を明記し、委託先が関係法令に基づき個人情報を安全に処理しているかどうかを監督しています。

 

委託業務の内容および委託先に変更があった場合は、遅滞なく本個人情報保護方針にて公表します。

 

 

第5条(情報主体の権利・義務及びその行使方法)

個人情報の閲覧請求 お客様は、「個人情報の保護に関する法律」第35条(個人情報の閲覧)に基づき、本サイトが保有するお客様の個人情報ファイルの閲覧を請求することができます。ただし、同法第35条(個人情報の閲覧)第4項により、個人情報の閲覧を請求することが制限される場合があります。

 

個人情報の訂正・削除のご請求について お客様は、「個人情報の保護に関する法律」第36条(個人情報の訂正・削除)により、当サイトが保有するお客様の個人情報ファイルの訂正・削除を請求することができます。ただし、他の法令により個人情報の収集対象として明示されている場合は、その削除を請求することはできません。

 

個人情報の処理中止のご請求 お客様は、「個人情報の保護に関する法律」第37条(個人情報の処理停止等)に基づき、当サイトが保有する個人情報ファイルの処理停止を請求することができます。ただし、個人情報の処理の停止を請求された時点で、法第37条(個人情報の処理の停止等)第2項により、処理停止の請求を拒否することができます。